丹足 tan-soku

一般社団法人 丹足普及協会 千照館

私たちは丹足法という癒しの整体鍛錬法が広く社会で活用されることを願って活動しています。

丹足とは?

丹田と丹足

おなかの中心には「丹田」というものがあるといわれています。
しかし「丹田」は目で見えるものではありません。
私たちが普段生活する中で「丹田」を意識したり感じる事もほとんどないと思います。
この目には見えない「丹田」を意識し、感じながら足で相手の体を踏みほぐすのが丹足です。
「丹田」を意識するようになると体にどんな変化が生まれてくるのか…
ぜひ体験してみませんか?

踏まれる人の効果

丹足は全身のほとんどの部分を踏みほぐす事が出来ます。 そのため全身の血流がよくなり、普段凝り固まった体を芯からほぐすことが出来るので肩こりや腰痛などに効果絶大です。

また丹足では直接内臓を踏むことはしませんが、内臓との繋がりが深いとされる内もも(太ももの内側)という部位を踏みほぐす事で、内臓の働きも改善する事ができます。

丹足は決して力を使って踏むのではなく、足の裏で優しく揺らしながら踏みほぐしていくので、とても気持ちが良く体も心も癒されていきます。

踏む人の効果

丹足のすごい所はなんといっても「踏まれる人」だけではなく「踏む人」にとってもたくさんの効果がある事です。

丹足はおなか(丹田)と足を使って常に上下運動を行うので血液循環がよくなり、強く元気なおなかになっていきます。 また、おなか(丹田)を意識して踏む事で、体の軸が確立され体幹も鍛える事ができます。

丹足は相手の事を想い、お互いの体を感じ合いながら踏みほぐしていく事で踏む人にとっても癒しであり、体も心もほぐれていきます

丹足でコミュニケーション

「丹足」は一人では出来ません。相手がいてこそ始めて成り立ちます。
「丹足」は人と人との触れ合いです。踏む人は相手の事を想いながら踏み、踏まれる人は体だけではなく自然と心もほぐれていく…
「丹足」は体を元気にしていくことはもちろん、心まで元気にしてしまう不思議な力を持っていると私たちは実感しています。
「丹足」で互いに踏んで踏まれて家族や夫婦、恋人、友人など理解や信頼など関係を深めるきっかけになればと思います。
そしてこの千照館でぜひ本当の仲間を増やしてみませんか?


pagetop